筆文字*花   

fudehana.exblog.jp
ブログトップ

琳派 俵屋宗達 「白象図」

b0139666_226549.jpg


昨年の紅葉が色づく少し前のこと、養源院に行きました。

ずーっと前から行きたかったのに、行きそびれ、でも行きたいなぁーと思い続けていたお寺です。

理由はひとつ、俵屋宗達の「白象図」を実際に見てみたかったから。

「白象図」を見たいとそれだけの思いで、養源院のことは実は詳しくは知らずに行った私。

建物はそんなに大きくはなく、内部見学は作品保護を兼ねて、お寺の方に案内いただき、説明を聞きながらになるのですが、本当に素晴らしかったです。

俵屋宗達の作品たちをあんなに間近で見れるなんて❗️
筆使い、重ね具合など、ガラスを通すことなく見れます。
白象図だけはガラスがはめられていましたがそれでも十分に素敵。

あの大胆な曲線と構図、白象の表情。
飽きることなく見ていられます。

玄関から見る杉戸絵にはしかけもあり、説明をお聞きしてなるほどーと感心。

見学後、お寺の方と少しお話をしたとき、落ち込んでしまっていた私を力強く励ましてくださって、帰り道、気持ち新たに前を向いて歩くことができました。

琳派400年の今年、いろんなところで琳派の作品が取り上げられ、展示されることと思います。

ぜひぜひ、養源院の白象図を含む俵屋宗達作品の素晴らしさ!も見ていただきたいです。





[PR]
by fudemojihana | 2015-02-28 22:12 | 日々のこと<おでかけ編>